(暫定)DUST BOX

文字のゴミ箱です。お弁当の記録、本、映画の感想から、おいしかったお店、旅の記録まで
MENU
グルメ

そこらの鮨屋より魚が旨い!!おまかせで食べるのがオススメ@秋葉原 潮音(シオン)

潮音
「秋葉原に貝づくしのお店があるよ」と聞いて、貝好きの私は大喜びで出かけてきました。
これがめちゃくちゃ美味しかった!!
貝はもちろん、貝以外もおいしかった!!
こんな素敵なお店を教えてくれたお友達に感謝です。

潮音
お店は秋葉原駅から徒歩3分ほど。
国道4号線の前にあるので、お店までは迷わず行けるけど、入口を見逃しちゃうかも。
秋葉原の人気店「秋葉原漁港 快海」の隣に入口があります。

潮音

中はテーブル2つとカウンターで13席ほど。
サラリーマン率高し。


この日は4,500円と予算を決めておまかせでお願いしました。(飲み物は別です)

潮音
生ビール はアサヒ熟撰 580円


シジミのつきだし
潮音
お通しは酒飲みに嬉しいシジミのすまし汁。
写真撮り忘れましたが、シジミがアサリくらい大きいのです。
北海道の紋別で食べたシジミも大きかったのですが、尋ねるとやはり北海道産とのこと。礼文島のシジミでした。

コシナガマグロ
潮音
湯引きをしてさっと表面の色が変わったところに、柑橘系の香りを移していると思われます。
こちらも尋ねたら青柚子を使用しているとか。
コシナガマグロってはじめて聞いたな~と思いググってみたら、マグロの中でも最も入荷量の少ない希少マグロでした。
市場関係者でも知らない人がいるとか!
身はやわらかくて、適度に脂があっておいしかったです。

そして、テーブルに長いお皿が置かれました。
これからお刺身が出てくるそうです。
こちらのお刺身は切り立てにこだわっています。
お刺身の盛り合わせで、なかなか手を出さずにお刺身が乾いていくのを見ているのが耐えられなくて、食べるペースを見ながら切りたてを出すようにしたのだそうです。
これが、本当においしかった!!
潮音

島根県産の鯵・北海道産の鰯
潮音
「良い青魚が入っています」と、最初に出てきたのが鯵と鰯。
厚い切り身です。
食べてビックリ!こんな鯵と鰯は食べたことない!!
今まで青魚特有だと思っていたクセが全然感じられないのです。
下拵えも丁寧で小骨がまったく舌にあたりません。
青魚が苦手と言う人に食べさせた~い!

長崎県産の生鯖
潮音
〆ていません。生の状態でお刺身で、九州の甘いお醤油につけていただきます。

潮音
ねっとりと脂ののった食感がたまりません~~~。

静岡県舞阪産の新子
潮音
ひゃーーーーー初夏の風物詩 新子の握りだよ~。
お店の人も新子は下拵えが大変で…と言っていました。
ですよね~。鮨職人の腕の見せ所と言われている新子。
ちょっとした鮨屋より数倍おいしいです!!
この新子に会えただけで、この日はテンションMAX・・・・と思いきや、まだまだおいしいもののオンパレードでしたよ。

岩手県気仙沼の鰹、千葉県天津の金目鯛
潮音
金目鯛は皮目を炙って塩をふってあったので、そのまま食べることができました。

潮音
ここでハイボール。
イチローズ モルトがあったのです。
埼玉のベンチャーウィスキー。
名前は知ってたけど、飲んだのははじめてです。
780円でした。

北海道根室の雲丹、福岡県の白いか
潮音
文句なくおいしいです。
鯵が想像できると思いますが、想像のはるか上をいくおいしさでした(笑)
雲丹が甘くてね~~~~ウットリ。
素材がいいのね~。

北海道さんの北寄貝とつぶ貝、宮城県産の赤貝
潮音
お刺身の〆は貝づくし♪
つぶ貝のコリコリがたまりません!!

どのお刺身も本当においしくて…
切り立てでこんなにも味が変わるのかと、驚きましたよ。

お次は小鉢。

北海道産アン肝の旨煮
潮音

河豚の白子
潮音
どこ産の河豚か失念(--;
表面はぷりぷり、中はふわとろ。
え?白子ってこんな食感だっけ?
こちらも尋ねたら調理法を教えてくださいました。聞いてもきっと家では、こんな風には作れないわ。

三重県産の煮穴子
潮音
ふわふわの穴子に甘いツメ。
これは日本酒でしょ!!

潮音
お店の人オススメの「うぐいす」を。

潮音
好きなおちょこが選べます。

潮音
和らぎ水もぬかりない(笑)

当然、ぬる燗でいただきます。

うん。煮穴子にぴったりです。

蜆汁の出汁巻き玉子
潮音
蜆の出汁を使った玉子焼きですよ。
よくぞこの組み合わせに気づいてくれました!!

本わさびポテトサラダ
潮音
こちらも、よくぞこの組み合わせに気づいてくれた!!と感激のポテトサラダ。
ワサビがポテトサラダにあうなんて。
上に乗っているのはたまり醤油に漬けた本わさび。

地はまぐり潮すき焼き
潮音
通常は2人前1,980円です。
鍋に火をつけたら、先ほどの日本酒「うういす」をお鍋に惜しげもなくドボドボ。

潮音
バーナーでアルコールを飛ばして出来上がり!!

潮音
ハマグリが大きい!!
このハマグリをねばねばしたナガモの入ったぽん酢でいただきます。
ナガモはアカモクとも呼ばれている海藻ね。

潮音
残ったスープにパスタを入れてスープパスタにしてくれました。
他、ご飯で雑炊、中華麺でラーメンにもできます。

お酒もお料理も、どれもおいしくて大満足。
秋葉原にこんな居酒屋があったなんて!!
席数が13席しかないので予約必須。
このお店もできたら秘密にしておきたいお店。

他にも食べたいメニューがたくさんありました。
今回は食べられなかったけど、貝を選んで好きな調理法(バター醤油焼き、いしる焼き、岩海苔焼き・・・・などなど)
気になったのが「大アサリ」
シジミがアサリくらいの大きさだったから、大アサリはどのくらい大きいのだろうと。
聞いたら見せてもらえました。

潮音
大将のげんこつくらいの大きさです。
こ、これは、食べてみたかった(笑)

ちなみに、こんなごつい大将、無類の猫好き。
潮音
トイレの壁にはたくさんの猫の写真が!!
これ全部大将の趣味だとか(笑)

ますます、大好きなお店になりました。
絶対再訪します!!(^^)

潮音居酒屋 / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://provisionaldustbox.blog50.fc2.com/tb.php/6594-cc626466
該当の記事は見つかりませんでした。