(暫定)DUST BOX

文字のゴミ箱です。お弁当の記録、本、映画の感想から、おいしかったお店、旅の記録まで
MENU
夢の国マカオ2泊3日弾丸ツアー

【世界遺産】 聖ポール天主堂跡・イエズス会記念広場・ナーチャ廟・旧城壁

マカオ
2005年、マカオ歴史地区の古跡30箇所をユネスコが世界文化遺産に認定しました。
そのすべてがマカオ半島にあります。

マカオの世界遺産で一番有名なのは、聖ポール天主堂跡ではないでしょうか?
マカオ
1582年から1602年、当時のアジアでは最大のカトリックの教会でしたが、
1835年火災に焼失し、南側にあった石造りのファザードと68段の階段だけが残りました。

残ったファザードの彫刻は見事で、「石の説教」と言われるほど宗教的に意味のある彫像が彫られています。
一番上が鳩、二段目にイエス・キリスト、三段目に聖母マリア、四段目は四人の聖人の像。
四段目には日本にキリスト教を布教したフランシスコ・ザビエルの像があるので、
日本人としては見逃せないところです。

マカオ
フファザードに向かって右から二番目、この写真では一番下の右側がフランシスコ・ザビエル。

実際に見るまではペラペラで映画のセットみたいなものかしら…と思っていたのですが、実物を見ると迫力に圧倒されます。


マカオ
裏側はこんな感じで補強されています。
裏からファザードの一番上まで登れることを帰ってから知りました。
まぁ、高所恐怖症だから知ってても登れませんでしたけどね(^^;

私たちはガイドさんの案内で裏側から来ました。
マカオ
正面から来ると68段の階段がきついので、裏からだと楽に登ってくることができるのです。
さすがはガイドさん、裏技知ってます(笑)

聖ポール天主堂跡前から見える景色はこんな感じ。
マカオ
グランドリスボアがひときわ目立っています。

マカオ
聖ポール天主堂跡前の広場は、イエズス会記念広場と呼ばれ、こちらも世界遺産に認定されています。

お土産物屋さんが多くて気になりました<そっち?
マカオ

マカオ

聖ポール天主堂跡の近くには、他にも世界遺産があります。


↓この写真の中に世界遺産が写っているのですが、わかりますか?
マカオ

この土壁が世界遺産 旧城壁です。
マカオ

マカオ

旧城壁の前には世界遺産 ナーチャ廟もあります。
マカオ

マカオ
ナーチャとは孫悟空にも登場する暴れん坊の男の子で、武芸と疫病退治の神様です。

マカオで世界遺産を探すときは、このポールが目印。
マカオ
世界遺産の前には必ずこのポールがあって、英語、中国語、日本語の説明文が書いています。

マカオ半島は9.3平方kmしかないため、世界遺産だけにターゲットをしぼったら、1日で全部見て回ることも可能かもしれません。


今回参加したツアーはこちら。
朝・昼・夜、24時間遊べる楽しさがつまった「夢の国マカオへ」。カジノ、ショー、ショッピング、グルメが集まるコタイ地区の徒歩圏内にスティ マカオ3日間

マカオ INDEXはバナーをクリック

>>ユナイテッドツアーズ
>>MyTour
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://provisionaldustbox.blog50.fc2.com/tb.php/6551-9921b48a
該当の記事は見つかりませんでした。