(暫定)DUST BOX

文字のゴミ箱です。お弁当の記録、本、映画の感想から、おいしかったお店、旅の記録まで
MENU
神社・仏閣・パワースポット

秩父三社めぐりバスツアーに行ってきました。

関東最強のパワースポットとして、今、最も注目されている埼玉県秩父市にある三峯神社。
その三峯神社と一緒に、秩父神社、宝登山神社の秩父三社をめぐるバスツアーに参加してきました。

秩父三社めぐり
利用したのは秩父三社めぐりツアー
秩父三社だけでなく、長瀞石畳観光もある見どころ満載の日帰りバスツアーです。
人気の三峯神社は最初に向かうので、陽の気が満ちている午前中に参拝できるのも嬉しいですよね!!
朝7時新宿都庁大型バス駐車場出発。
朝早いですが、はりきって行ってきました♪


途中、関越自動車道の嵐山PAで休憩を取り、一路三峯神社へ。
三峯神社は標高1100メートルの三峯山の山頂にあります。
バスか自家用車でしか行くことができません。
秩父駅からバスで1時間、ぐねぐねした山道を登っていきます。

秩父三社めぐり
途中、二瀬ダムの建設によってできた秩父湖を通るのですが、ダムの上を車が走るのですよ。
これも珍しいですね。
路線バスは1日に5本ほどなので、バスツアーは本当にありがたいです。


スピリチュアル添乗員 五斗美湖さん

秩父三社めぐり
今回のツアー、添乗員はTVや雑誌でも何度か紹介されているスピリチュアル添乗員 五斗美湖さんでした!!
神社仏閣に詳しく、神様が喜ぶ正しい参拝の方法や、絶対によりたいパワースポットをバスの中で紹介してくださって、バスの中も充実した時間を過ごすことができましたよ。
本当なら今回のツアーの添乗員さんは別の方だったそうなのですが、急遽美湖さんに代わったのだそうです。
これもお導き?(笑)
とっても濃いバスツアーとなりました(^^)

五斗美湖さんブログ⇒今日も心に花束を
五斗美湖さんFacebook⇒https://www.facebook.com/miko.goto

三峯神社

秩父三社めぐり

朝10時過ぎには三峯神社に到着。
バスを降りて三峯神社に向かいます。

秩父三社めぐり

参道には山麓亭お犬茶屋。三峯神社を守っているのはオイヌサマ様なのですよ。
なのでお犬茶屋という名前なのかな?
秩父三社めぐり
ここでは、秩父名物のいもでんがくを食べることができます。
いもでんがくに使われているのは中津川いも。
流通量が少ないので、食べられる場所が少ないのですよ。
なので、ぜひ食べておきたい一品。
柚子と山椒のきいた味噌だれがうまうまですよ♪

三峯神社に関しては別レビューで詳しく紹介しています。
>>秩父三社めぐりバスツアー ~関東最強パワースポット三峯神社~

こちらでの自由時間は90分。
11時45分には次の目的地へと出発しました。



三峯神社
埼玉県秩父市三峰298-1
TEL 0494-55-0241
http://www.mitsuminejinja.or.jp/


秩父神社

秩父三社めぐり

秩父神社の総鎮守で御祭神は、八意思兼命 (やごころおもいかねのみこと)、知知夫彦命 (ちちぶひこのみこと)、天之御中主神 (あめのみなかぬしのかみ) 、昭和天皇の弟 秩父宮雍仁親王と、四柱を祀っています。

秩父三社めぐり
総鎮守だけあって秩父の街中にあります。駅から歩いても徒歩5分ほど。

秩父三社めぐり
創建は平安時代初期ですが、江戸時代直前 徳川家康が再建しました。
本殿には色鮮やかな彫刻がたくさん!!
4辺にそれぞれ必見の彫刻があります。

秩父三社めぐり
本殿正面にある「子宝・子育ての虎」。
左甚五郎作です。

秩父三社めぐり
彫刻の下には、「赤子には肌を離すな、幼児には手を離すな、子供には目を離すな、若者には心を離すな」と書いてあります。
心にしみる言葉ですね。
お母さん虎だけが豹柄で描かれているのは、当時豹も虎も実物を見た人がいなく、豹は雌の虎と考えられていたからなんですって。

秩父三社めぐり
正面左手には「お元気三猿」。
日光の「見ざる、言わざる、聞かざる」に対して、「よく見て、よく聞いて、よく話す」お元気三猿として親しまれています。

秩父三社めぐり
正面右手には「つなぎの龍」
こちらも左甚五郎作です。
あまりに上手に掘られたため彫刻に魂が宿り、夜な夜な田畑を荒らすようになってしまったため、農民が宮司に頼んで彫刻を鎖で縛りつけたところ、龍が現れなくなったという言い伝えが残っています。

秩父三社めぐり
そして、本殿後ろには「北辰の梟」
体は南を向いているのに、頭は真北を向いて、常に御祭神を守っています。
「北辰の梟」には八意思兼命と共に学業のご利益があると言われており、社務所には梟のお守りもあります。



秩父神社
埼玉県秩父市番場町1-3
TEL:0494-22-0262
http://www.chichibu-jinja.or.jp/


秩父散策と昼食

秩父神社では90分の自由時間がとってありました。
参拝を終えた後は自由昼食。
有名なお蕎麦屋さんがいくつかあるのですが、どこも大行列でした。
市内散策もしたかったし、お蕎麦以外の秩父名物も食べたかった私は、道の駅ちちぶへ。
秩父食堂
お蕎麦とわらじかつ丼の秩父グルメを2ついただいてきました。
>>秩父名物をいろいろ楽しめます。

その後、行ってみたかったカフェへ。
秩父三社めぐり
泰山堂カフェ
でも、残念ながらここも満席(ーー;
登録有形文化財の古民家を利用したカフェで、ヌガークラッセが激うまなのだそうです。
お昼ご飯を諦めて、こちらに並ぶべきだったかなぁ~

秩父三社めぐり
集合時間まで10分ほどあったので、西武秩父駅に併設している秩父地場産業センターを覗いてみました。
秩父のお土産はだいたいここで揃います。
秩父三社めぐり

秩父三社めぐり
秩父が舞台の人気アニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」のグッズがいっぱい。
ラッピングバスも走ってましたよ。
いかにも聖地巡礼という人たちが多くいました。
私は「あの花」名前しか知らないんですけどね(^^;;

秩父三社めぐり
とりあえず、旅先で地牛乳を飲むのは私のお約束。
地場産業センターでは、戸田牛乳を飲むことができました。
秩父の牛乳ですよ(^^)

14時半には秩父駅前をバスで出発し、宝登山神社へと向かいました。

金登山神社

秩父三社めぐり
宝登山(ほどさん)神社
宝の山を登ると書くのだから、名前からして縁起の良い神社です。
御祭神は、神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)、大山祇神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)の三柱です。

一の鳥居は途中の道にあったのでバスで中を通過しました。
写真は二の鳥居。
金の装飾がほどこされています。
決して華美ではなく、上品で洗練された美しさを持った鳥居です。

秩父三社めぐり

こちらの本殿にも鮮やかな彫刻がたくさん。
秩父三社めぐり

秩父三社めぐり

本殿にお参りしたあとは後ろにまわり、日本武尊が宝登山に登るときみそぎをした池を参拝。
秩父三社めぐり

今はちょっと濁ってますけどね。
秩父三社めぐり


さらに奥には宝玉稲荷神社があります。
秩父三社めぐり
ここは無くしたものを探してくれるお稲荷様。

秩父三社めぐり
水神社は神楽殿わきから湧き出る水の神をおまつりしたお宮です。御神水としてペットボトルに入れて持ち帰る人も多く見かけますが、美湖さんからはパワーストーンブレスレットを洗うといいですよとアドバイスをもらいました。

秩父三社めぐり
早速みんなでパワーストーンを洗います(^^)
これでパワーストーンが浄化されて、またパワーが戻ってくるかな?

こちらでの滞在時間は30分ほどでした。



宝登山神社
埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828 
TEL:0494-66-0084
http://www.hodosan-jinja.or.jp/


長瀞石畳

秩父三社めぐり
最後は宝登山神社からバスで10分ほどの長瀞へ。
幅80メートル、長さ500メートルの1枚岩、石畳を見学です。

秩父三社めぐり
前日大雨だったので、川の水が濁っていますが、普段は透明な清流だそうです。

秩父三社めぐり
長瀞といえばラインくだりが有名ですが、滞在時間が30分だったため、川くだりはできませんでした(ーー;

こちらではお土産も購入。
秩父三社めぐり
秩父名産のしゃくし菜漬けは、TVでも紹介されたおいしい漬物。
若干酸味がありますが、この酸味がしゃくし菜漬けの魅力なんですね。

秩父三社めぐり

万寿庵でガレットを購入してバスの中でいただきました(^^)


最後の観光を終え、新宿に戻ります。
この日は渋滞もなく、途中三芳SAで一度トイレ休憩を取り、7時過ぎには新宿に到着。
朝7時出発だったので、ちょうど12時間の充実した旅でした(^^)



>>四季の旅 秩父三社めぐりツアー利用
>>たびらい バスツアー
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://provisionaldustbox.blog50.fc2.com/tb.php/6002-a03a0cb3
該当の記事は見つかりませんでした。